“TOGETHER WE  REACH THE GOAL"

1/78
お知らせ

 

・2017年3月27日(月)

「原州の協同組合運動と、韓国の社会的経済生態系」シンポジウムの開催

・2017年3月25日(土)

社会的連帯経済をめざして(3.25シンポジウム)の開催

・2017年1月15日(日)

GSEF2016モントリオール大会の報告会の開催

・2016年11月9日(水)

組合総研・経営者会・ソウル宣言の会共催、第15回経営者セミナー(GSEF2016モントリオール報告)の開催

・2016年11月5日(土)

GSEF2016京都報告会の開催

・2016年10月28日(金)

第91回社会的企業研究会

・2016年9月7日〜9日

GSEF2016モントリオール大会開催

・2016年8月30日

ソウル宣言の会 「会員の論考」のページを設けました

2016年7月30日

ソウル宣言の会のロゴが決まりました

・2016年7月30日(土)

GSEF2016に向けてプレフォーラムを開催

2015年9月6日(日)

「ソウル宣言の会」東京報告会の開催

2015年5月23日(土

午後1時半よりハーネル仙台にて「変革と復興を目指す『もう1つの経済』を考える東北の集い」を開催します。開催チラシはこちらをご覧ください

・2015年2月28日

大阪報告会の開催(グローバル社会的経済協議会(GSEF)結成報告と連帯に向けての私たちの課題)

・2015年2月25日

GSEF2014等を素材に ブックレッ『「社会的経済」って何?』を発行しました。

ソウル宣言

13年11月5〜7日に韓国・ソウルで聞かれた「グローパル社会的経済フォーラム2013」は、「社会的経済を通じた都市革新と地域の成長」を主テーマにした。フォーラムには協同組合先進都市と云われているイタリアのエミリア・ロマーナ州、同ボローニャ市、カナダのケベック州、同モントリオール市、フィリピンのケソン市等の各首脳、またレガコープ(イタリア)など有力な協同組合組織、シンクタンクの指導者、各国の研究者等、約500人が結集し最終日に『ソウル宣言』 (後添)を採択して閉幕した。最も成功していると云われ著名なスペインのモンドラゴン協同組合企業グループは主要組合の1つである家電の生産協同組合ファゴールの倒産という深刻な事態のため参加しなかった。ともあれ、筆者はここで採択された宣言は三つの意味で画期的であると考えている。

ソウル市では

韓国では2012年12月の「協同組合基本法」の施行以後、毎月約200の組合が設立され、また株式会社の協同組合への転換もあって協同組合の創立ラッシュが続いている。また2006年12月に制定された「社会的企業育成法」(2010年に一部改正)に基づく事業体(法人形態を問わない社会的目的をもった団体)の動きも活発である。これらの動きの先頭を切っているのが首都ソウル市である。ソウル市の協同組合と社会的経済の発展は目覚ましい。

また、「ソウル特別市社会的経済基本条例」が本年4月に制定された。