ソウル宣言の会の皆様の論考

富沢 賢治 先生

『社会的連帯経済の担い手としての協同組合』(2016年6月「協同組合研究」)2016年8月30日掲載

丸山 茂樹さん

『韓国の「社会的企業育成法」の施行1年——その現況と課題 』

                     (ロバアト・オウエン協会年報2009)

 

『韓国の新しい「生協法」の特徴について 』    (「生活協同組合研究」誌用原稿)

 

『韓国・ソウル市で開催の「グローバル社会的経済フォーラム」と「ソウル宣言」の意義』 

                 (協同組合研究誌「にじ」2014春号 No.645)

 

『韓国ソウル市の「社会的経済基本条例」制定と「2014グローバル社会的経済

アソシエーション」』         (協同組合研究誌「にじ」2014秋号 No.647)

 

『韓国における協同組合と地方自治体の連携——ソウル市の“社会的経済基本条例”の意義—— 』              (協同組合研究誌「にじ」2015 夏号 No.650)

マーガレット・メンデル女史(コンコルディア大学教授・カール・ポランニー研究所長、カナダ)について』

      (2014年11月“Inaugural Meeting of the Global Social Economy Forum”148頁より)

 

GSEF2016(グローバル社会的経済フォーラム)と社会的連帯経済 』 

                   (2016年10月8日 第36回日本協同組合学会報告)

 

GSEF2016モントリオールとソ「ウル宣言の会」の取り組み

                     (2016年10月28日第91回 社会的企業研究会)

 

モントリオール・グローバル社会的経済フォーラムとその周辺

                (2016年11月 ロバアト・オウエン協会 第159回研究集会)

 

韓米FTA発効以後の韓国の“農”……新自由主義の継続か、大転換か』 

                               (第32回四ツ谷倶楽部)

牧 梶郎さん

社会変革への新しい動き』(葦牙ジャーナル 116号(2015年2月))

 

社会変革へのもうひとつの波』(現代の理論・社会フォーラム『FORUM OPINION』28号(2015年3月))

 

生産力と新しい社会』(葦牙 40号(2014年))

 

関連文献

アントニオ・グラムシとカール・ポランニーの補完的な相似点

                (マイケル・ブラウォイ著 小原紘一さん訳 A4 59ページ)